Press "Enter" to skip to content

第三回マネタイズHacksに参加してきました。

f394ff122bc7517cd7030157fb1fd34b0

第三回マネタイズHacksに参加してきました。

概要などはこちら
http://blog.livedoor.jp/ld_directors/archives/51206033.html

100人ほどの参加者ですが、倍率は3倍くらいだったとか。
やっぱりみんなマネタイズには関心高いみたいですね。

おまえが一番聞きたいんだろってツッコミがありそうですがww

たしかに、すごく聞きたい!!

で、セミナーの様子はTimelogでtsudaる メモってました。
(最後はPCの電池切れでフェードアウト)
http://timelog.jp/profile/tags.asp?ac=hatto&tg=%83%7D%83l%83%5E%83C%83YHacks

今回は、Yahoo!さん、pixivさん、ウノウさん、カヤックさん、livedoorさん、mixiさん、はてなさんの豪華な7社のプレゼン。

各社15分くらいですかね。
どの会社もさすが簡潔でわかりやすい内容でした。

共通のテーマは「ユーザー課金」

気になったコメントとしては、

Y 課金モデル:相対(1to1)取引市場

Y ユーザーの継続的な利用・購入を促すプラットフォームが重要

Y ユーザー行動からマネタイズを考える:ユーザーのニーズや意図、パターンを的確に捉える

Y 行為ストリーム:リアル行動→Web行動→リアル行動

Y リアルとウェブの「結節点=ゲート」におけるサービス設計が重要

P 有料機能にしたほうがいいもの:自己表現、アピール、自分用カスタマイズ、コミュニケーションのための機能(消費される)

P 有料機能にしないほうがいいもの:人気のある機能、サービスのバランスが崩れるもの

U アイテム課金:消費パターンを知る、ポイント購入、自慢アイテム、有利アイテム、時間短縮、ギフトなど

U アイテム課金:長く楽しめるようにする、長くコツコツやることを有利の条件、あえて1日にできることが限られるようにする

U アイテム課金:友達招待を有効に使う、招待者にアイテムやポイントをプレゼント

U アイテム課金:スポンサーサイト登録に対する認識

U アイテム課金:調整、調整、調整、ゲーム内は小さな世界

K つくってからの考え方:人気が出たものを伸ばす、拡張と回収、ユーザーの声を取り入れる→媒体価化、課金

K まとめ①:つくったものは無題にはならない、とにかくつくってみることが大事、楽しくやる!

K まとめ②:あとからでも十分マネタイズできる、考えることを諦めない、でも最初が肝心(発想力)

L 有料ブラン売り上げ額比率:クレジットカード80%、コンビニ決済10%、その他10%

M ユーザーが「楽しい」「便利」と感じるか、mixiの強みを活かせているか、事業者目線になりすぎていないか

M コミュニケーションを進化させ、今までに無い体験を提供できる

M 先進性や「便利さ」だけではマスをつかめない

M 「面白さ」「買いやすさ」「エンターテイメント性」

H お金を稼ぐのは悪いことじゃない。みんなここで勉強したことをどんどんパクって



こんな感じ。

さて、どう動く?

One Comment

  1. 「第3回マネタイズHacks」参加

    6月24日に開催された「第3回マネタイズHacks」に参加させていただきました。

    「【募集締め切りました】第三回マネタイズHacks 参加者募集のお知らせ テーマは「ユーザー課金」」2009…

Popular Posts