Press "Enter" to skip to content

手書きPOPが空中に?書店はITでまだまだ楽しくなる

手書きっていいね。

書店に行ってアプリを起動し、カメラを書棚にかざすと、現実の風景の上にPOPが次々に浮かび上がる。POPをタップすると、本の詳細情報が表示される。
画面に表示されるPOPは、実際の手書きPOPをスキャニングしたもの。それらのデータをネット上のサーバーに保存し、店内に設置してあるビーコンからスマホに飛ばしている。

手書きPOPが空中に?書店はITでまだまだ楽しくなる | IoT Today – IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 –

手書きPOPが空中に?書店はITでまだまだ楽しくなる ARアプリ「POPSTAR」が広げる書店の可能性 – 「さわや書店のPOPが強く印象に残っていたので、POPを使って何かできないかなと。あと、VRとかARにもすごく興味があったので、ARでPOPを出したら面白いんじゃないかと思ったんです」 | IoT Today – IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 – あなたの欲しかった「IoT」の情報が、きっと見つかる。

IoT Today – IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 –

jbpress.ismedia.jp

Popular Posts

まだデータがありません。